バストの肉を落とす効率的な方法について

大きなバストと言うのは女性の憧れではありますが、良いことばかりではなく頭を悩ませる問題も発生します。例えば可愛いと思ったブラジャーでもサイズが合わなくて着用できないことがありますし、胸の重量が肩にかかるので肩こりしやすくなる傾向も見られます。

さらに男性からの好奇の目で見られてしまうケースもありますので、バストが大きい方の中にはバストの肉を落としたいと考える方がいらっしゃいます。

ただ実際には胸の肉を落とす事は非常に簡単で、胸に肉を集めるよりは遥かに容易だとされています。と言うのも基本的にバストは脂肪でできていますので、脂肪を燃焼させることができれば胸は小さくなります。

したがって筋肉トレーニングやウォーキングなどで筋肉量を増やし、基礎代謝を上げる事で脂肪は燃焼されやすくなります。つまり一般的に行われているダイエットと同じことが言え、ダイエットしたら胸から痩せてしまったと言うのはこれが理由になっています。

なお基本的には一般的なダイエットと同じ方法でバストの肉は落とせますが、食事は注意が必要になります。と言うのも元々バストが大きい方は胸に脂肪がつきやすい傾向が見られますので、バランスのとれた食事でないとさらに胸が大きくなってしまう可能性が出てきます。

また女性ホルモンを摂取する事も最小限に抑えた方が良いと言えますので、大豆製品などは極力避けるようにする必要がありますし肉類も可能な限り控えめにする事が重要になります。なお外科的な手術で胸の肉を落とす事もできますが、それなりの費用がかかりますし傷跡などのリスクも高くなるとされています。

バストが離れる主な理由と効果的な対策方法

バストに関する悩みには様々な物がありますが、その中にはバストが離れているというケースがあります。基本的にバストは非常に動きやすいという特徴がありますので、このバストが離れているという悩みを持っている女性は大勢いらっしゃいます。

まずバストが離れてしまう理由として考えられるのは、胸の筋肉が衰えている事になります。基本的に胸の筋肉は大胸筋と小胸筋になり、胸が離れてしまうのは小胸筋の衰えであることが多いとされています。

小胸筋は胸の中心に向かって左右からバストを支える働きがありますので、ここの働きがありますので、弱くなってしまうとバストが支えきれなくなりその結果離れていってしまいます。したがって腕立て伏せや合掌ポーズなどで胸の筋肉を鍛え、しっかりとバストを支えられるようにしておく事が効果的な対策になります。

そして、胸の筋肉ではなくクーパー靭帯が伸びている可能性も考えられます。このクーパー靭帯はバストを支える土台の様なものになっていて、クーパー靭帯が伸びてしまうとバストが垂れたり離れて見えるようになります。

ただし、一度伸びてしまったクーパー靭帯を戻す事は基本的に手術以外の方法では不可能になっています。なので症状が軽い段階であれば、ホールド性の高いブラジャーを着用すると共にナイトブラをつけて就寝中もクーパー靭帯を保護する事が重要になります。

また姿勢の悪さも大きく影響していて、猫背などもバストが離れる原因になりますし日常的に体の片側だけに負担をかける事も避けた方が良いと言えます。したがってカバンなどはたまに持ち替えて左右均等に使うようにする他にも、姿勢矯正ベルトなども有効な手段になるとされています。”

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*